同人・漫画

80年代に創刊された日本初のAV専門雑誌VIDEOプレスを紹介!

ビデオプレス創刊号

日本ではじめてアダルトビデオの情報雑誌は、1982年6月に創刊された「VIDEOプレス」(ビデオプレス)。

創刊号の表紙には「日本初のビデオソフトインフォメーション・マガジン」とあり、80年代はビデオが普及しはじめる頃。

レンタルショップの登場は80年代初期、ビデオデッキの普及は80年中頃という時代背景のなか出版されたのが本誌だった。

VIDEOプレス創刊号をチェック!

ビデオプレス創刊号

1982年6月。ビデオデッキが少しずつ一般家庭にも浸透してきた頃に、初の「エロビデオ」専門誌ビデオプレスが発売される。

創刊号では、ポルノ大国と称しアメリカのポルノ事情を目玉特集としていた。表紙には外国人モデルを起用し海外情報を推していた。

ビデオプレス創刊号

気になるのは創刊号の内容だ。記事を読みすすめていくと、海外のトンデモ事情をさも本当のごとく紹介しているのだw

80年代のなんともゆるい感じというか、今となっては哀愁ある記事ともいえる。実際どんな内容だったのか紹介していこう!

創刊号目玉記事は海外ポルノ最前線

ビデオプレス創刊号

創刊号1ページ目を飾る目玉特集は、アメリカのポルノショップ事情!日本よりも何歩も先に進んでいるアメリカ性風俗をカラーページで紹介。

アメリカのポルノ・ショップでは、なんでも入場料が必要らしく相場は1ドル。ホンマかいなと令和の今なら首をかしげてしまうw

ビデオプレス創刊号
出典:VIDEOプレス創刊6月号 大亜出版

さらに、最大のお客は日本人観光客らしいが、成人ビデオの国内持ち込みは今も昔も禁止のはず。関税に見つかれば没収確実。

ビデオプレス創刊号
出典:VIDEOプレス創刊6月号 大亜出版

80年代当時も、映画「シャイニング」の陰毛問題が話題を呼んだとか。ポルノ・ビデオであればなおさら規制が厳しいはずだ。

林檎さん
日本における陰毛解禁は写真家・篠山紀信を端を発した90年代からでしたよね

ビデオプレス創刊号
出典:VIDEOプレス創刊6月号 大亜出版

これまでは、お客各々が関税対策をする必要があったのだが、最近はお店のサービスも向上してきているらしい(ホンマかいなw

創刊号のヌードページ

ビデオプレス創刊号

ビデオプレスはヌードにも力を入れていた。創刊号では、外国人モデルを起用し、カラー写真で複数ページにわたり掲載しているのだ。

巻頭ページを飾るのは、イギリス出身のブロンド美女オリビア。「ハダカの私を見て欲しい!!」という煽りフレーズがなんとも艶めかしい。

ビデオプレス創刊号

このほか日本人モデルも登場。愛染恭子、美保純などが創刊号を飾っていた。SMや盗撮写真も掲載、王道からフェチまでカバーしていた。

某アイドルそっくりさん!?

ビデオプレス創刊号

今も昔も芸能人にクリソクな女優さんは人気がありますが、ビデオプレスにもそんなそっくりさんがグラビアを飾っていますw

松田聖子さんにソックリな水沢聖子が登場する回。聖子ちゃんに寄せた水沢さんが、オールヌードで5ページにわたり披露。

創刊号の目次をチェック

ビデオプレス創刊号

巻頭ページの次は目次ページ。ここから白黒ページに。ビデオプレスはオールカラーではない。ヌードなど部分的にカラーページを挟む構成だ。

目次で気づくのは、このときはまだ「AV(アダルトビデオ)」という用語が使われていないく、「ポルノ」が目立つ。

ビデオプレス創刊号

また、「生撮り」という用語も使われており、実はこれがAVの前身とされている。生撮りと言われていたのが、時代を感じさせるところだ。

ポルノと生撮りの違いとは?

生撮りとは、ビデオカメラで撮影された作品で、なおかつ販売・レンタルを第一目的にした作品と言われている(日本AV史 安田理央より参照)。

当時18禁ビデオといえば、成人映画をビデオ化した作品が主流であり、それらの作品をポルノ・ビデオなどと呼称していた。

ビデオプレス創刊号

一方で生撮りでは、販売・レンタルが主目的という点で、ポルノ・ビデオとは分けて考えていたことが創刊号からも分かる。

ビデオプレスには作品のカタログが掲載されているが、ポルノ・ビデオと生撮りで、別々のカテゴリとして紹介されていた。

別々のカテゴリというよりは生撮り作品はポルノ作品の格下扱いといった感じはあった
林檎さん

掲載広告からビデオデッキ普及の兆し

創刊号の広告枠を読むのも面白い。日本ではじめてビデオデッキが発売されたのは、1976年10月31日のこと。

日本ビクター(品番:HR-3300)から発売された製品で、価格は25万6000円。発売当時はまだまだ高級品だった。

ビデオプレス創刊号

なら、ビデオプレスが創刊された82年頃の状況はどうか。当時の掲載広告を覗いてみると、10万円代の製品が登場しはじめてきた。

林檎さん
発売当時から10万以上価格帯が下がってきている

この頃には、レンタルビデオショップも登場。徐々にではあるが、手が届く価格帯になりはしめてきた頃でもあった。

ビデオプラスと風俗的価値

ビデオプレス創刊号

日本初のAV専門誌!その内容はアダルトビデオというよりは、成人映画メイン、つまりポルノメインを扱っていたようだ。

アダルトビデオという用語も、このときはまだ使われておらず、その前身の「生撮り」という用語が使われていたのも意外な発見だった。

ここから生撮りが進化し、逆にポルノは下火に、そして、今ではネットで格安で作品が視聴できる時代に、なんだか感慨深い。

林檎さん
ちなみに、当時のAVはまだまだ値段が高く一本1万円以上が当たり前でモザイクも考えられないほど広かったw

参考図書
VIDEOプレス創刊号6月号 大亜出版
アダルトビデオ革命史 藤木TDC 幻冬舎新書
日本AV全史 安田理央 ケンエレブックス
痴女の誕生 安田理央 鉄人文庫

-同人・漫画